2020年5月24日 08:43        

提供を止めないために

コロナ問題で在宅勤務が続き、提供が非常に困難な状況が続いています。自宅で家族全員の監視の目がある中、提供に向かうことはほぼ不可能ですし、そもそも外出する事さえも不自然になっているからです。全国的に非常事態宣言は解除されるようですが、私自身は最先端の働き方をする会社に勤めていることもあり、今後も在宅ワークが基本になりそうです。

この事情を踏まえると、今後も自宅で勤務しつつ提供できるのかを考える必要があります。しかし何も手を打たなければ今後提供できる機会がほぼゼロになると見込まれます。私自身がずっと家に縛られてしまって、外出する機会そのものが喪失するからです。これは大きな問題です。私の活動停止に直結します。

この状況を打破するため、近々いわゆるコワーキングスペースの契約をしたいと思います。自宅ではなく外(コワーキングスペース)で勤務するという状況が作れれば、家族の目も気にせずにご提供に伺うチャンスが生まれるからです。無い知恵を絞り何とかひねり出した苦肉の策ではありますが、ここに掛かるコストは無視できないものがあります。

そのため大変心苦しいのですが、今後のご提供の実費ご負担増額をお願いしたいと思います。

今までは依頼者さんにシリンジキット費用のご負担をお願いしてきました。その費用は200円でした。

しかし実は今までも、見えない費用として私個人で相当な金額を個人負担していました。シリンジキットを補完するトランクルームのレンタル費用や、定期的な性感染症のチェック費用が掛かるからです。

今後はここにコワーキングスペースの費用がプラスされます。そうなると、見えない費用はかなりの額になります。3ヶ月ごとに新品のノートPCを買えてしまうぐらいの費用です。

この費用について改めて自費負担できるか計算してみましたが、個人負担は難しいとの結論に至りました。今後何年も活動を続けるという持続可能性を考慮した場合、この費用を家族バレせずにこっそり捻出できるか?という話になるからです。これは相当難しいと判断しました。私が独身であれば費用の捻出方法はいくらでもあると思うのですが、本当に申し訳ないです。

もちろん、妊活をされている依頼者さんのご負担が既に大きいことは重々承知しています。そのため負担増をお願いするのは大変に心苦しいところです。

ここで正直にお話をしますと、4月のご提供は2件、5月のご提供は1件でした。もちろんコロナの影響が大きいのですが、もし今後も毎月1~2件程度という状況が続くと、1回あたり1万円ご負担頂いたとしても全く足りない計算になってしまいます。

とはいえそんな高額のご負担をお願いするのは非現実的です。またコロナの状況が変わることで依頼ペースの増加もあるかと思います。ご負担をお願いする額は今後個別にご相談させて頂き、適宜見直していきたいと思います。

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。