2019年6月21日 01:35        

妊娠のご連絡を頂きました

依頼者さんより、表題のご報告を頂きました。おめでとうございます!1周期、1回でのご成功でした。妊娠確認はまだセフルチェックされているだけとのことで、病院判定や今後の妊婦生活はそこれからの道のりですが、まずは素晴らしいご報告、とてもうれしく思っています。

また最もハードコンディションと言われているシリンジ法で1回の成功となった事も嬉しく思っています。依頼者さんにはこれからご自愛頂きたいです。

2019年6月17日 17:22        

伝えること

「ひかりさんは、子供が大きくなっても会いに来られますか?」とのご質問を頂きました。これについては、Noとお答えしています。お子さんが小さいうちの面会は喜んでお伺いしますが、物心がついてからの面会はお子さんに与える影響が戦災で難しいことが挙げられます。その代わり、依頼者さんとは今後も連絡が取れるようにすることをお約束します。私は当初より、この方針としています。もちろん、「会いに来ないでください」のご要望にもお応えしています。

この点がブログで伝わりづらかったようですので。Q&Aなどを更新しました。

2019年6月14日 21:02        

祈り

数日間、東京に出張に行っていました。たまたま依頼者さんの依頼とは重ならなくて胸を撫で下ろしていましたが、せっかくなので子授かりのご利益がある神社に参ってきました。

そこは都内でも1,2番目に有名な神社。私も出来る限り丁寧にお参りして、「私の依頼者さんと、世の中全てのママ候補さんに赤ちゃんが来てくれますように」とお祈りしてきました。

またせっかくなのでお守りもいくつか購入しようとしたのですが、素晴らしい神社過ぎてお守りが買えませんでした。全てのお守りが本名での祈祷付きになっており、依頼者さんの本名を書かなければお守りが購入できなかったからです。さすがに依頼者さんの本名を書くわけにはいかないと思いましたし、そもそも一部の方は仮名のままお受けしています。この辺りは一般的な妊活と私の違いだなぁと思い知りました。

そのような経緯のためお守り購入は泣く泣く断念したものの、参拝とお祈りは念入りにして来ています。パワーが依頼者さんのお腹に宿れば良いなと思います。

出張から戻った土曜の朝からまたご提供です。しっかりと前を向いた気持ちで取り組んでいきます。

2019年6月11日 16:48        

限られた時間でのご提供

通勤経路からプラス2時間ぐらい掛かる場所にご提供に向かいました。

時間の関係で、提供に割けるのはごく僅か。電車が待ち合わせ駅に到着したら、15分後ぐらいの電車にはもう乗っていないといけません。

駅に到着したら素早く準備して、待ち合わせ場所までシリンジとケースをお持ちして、またすぐ電車に。

大変さはありましたが、夢を叶えて頂くためです。これでうまくいきますように。

2019年6月3日 10:09        

結婚観

本日の日経新聞社説の後半部分が良かったので、引用します。特に私からはコメントしませんが、このブログを見てくださっている方にはご理解頂けるはずです。

若者の結婚観も多様化が進んでいる。民間の調査によると、ことし成人を迎えた人のうち25歳までに結婚したい男女は47%と、昨年より約10ポイント上昇した。晩婚によって2人目、3人目の出産が難しくなると心配する人が増えている。大学内に保育所を増やし、学生結婚しやすくするのも一案だ。
より根本的には、結婚するしないにかかわらず出産と育児に不安を感じない環境をつくるのが課題だ。厚労白書などによると日本の婚外子比率は2%。英国43%、フランス49%、スウェーデン55%に比べ桁違いに低い。この3カ国は子育て環境が恵まれていることもあり、出生率が日本より高い。
婚外子の相続差別は解消した。次は、子供は結婚した夫婦が持つものという規範意識を薄め、子育てを楽しみにしている男女が臆することなく同居できるようにしたい。結婚の試用期間と呼べる制度を整えたフランスなどにヒントがある。夫婦別姓を公式に認めるのも、確実にその一助になる。
同時に、子供を望んでもかなえられない人への配慮が欠かせないのは言うまでもない。産む産まないは個々人の自由な選択であることを再確認しておきたい。

[社説]多様な結婚の後押しで子供増やしやすく:日本経済新聞
2019年6月1日 08:44        

おめでとうございます

卒業された依頼者さんより、嬉しいご連絡を頂きました。ご本人の許可を頂きましたので、ここに紹介させていただきます。

今回、ご報告がありご連絡しました。
この度、無事待望の第一子が誕生しました!体は少し小さめなのですが、それに負けないくらい元気いっぱいに生まれてきてくれました。夫も立会いをしてくれて2人でお産に臨むことができ、周りの家族や友達にもたくさん祝福の言葉をかけてもらい、幸せいっぱいの中、生まれてきてくれました。
これまで家族が欲しくてたくさん悩んだり、不安になったりしましたが、ひかりさんに出会えたことで着実に夢に向かって進むことができました。私たちの夢を叶えてくださり、本当にありがとうございます。いくら感謝を伝えても足りないくらいです。
この子にはこれから苦労させてしまうこと、悩ませてしまうこと、もしかしたらたくさんあるかもしれませんが、家族みんなで助け合っていこうと思います!
本当にありがとうございました。

本当に良かったです。おめでとうございます!卒業された方には、どのような頻度/どのようなタイミングでご連絡すれば分からず、私も連絡頻度を意図的に下げていたのですが、いつも気にしていました。

同じような幸せな声が一つでも増えるよう、これからも実直に活動していきたいと思います。

2019年5月26日 11:37        

5/25(土)面談

※本ブログ投稿について、依頼者の方の同意を頂いています

男性不妊の依頼者さんと面談しました。面談の形ではあるものの、具体的な提供依頼ではなく諸々のご相談という形に近いものでした。

色々とお悩みではあるものの、解決に向けて動き出すのが難しい状況であること。諸々お困りであること。提供を受けるとはどういうイメージなのかということ。年齢のこと。他の依頼者さんの取り組み事例のこと。色々お話させていただきました。

「まずは自分がどうしたいか、どういう方法を取るのが(依頼者さんカップルとして)ベストなのか、議論してみます」ということでした。良い結論を出していただければなと思っています。

2019年5月23日 08:34        

振り返り

今まで成功された方を振り返ると、比較的少ない回数のご提供でおもしろいようにポンポンと成功している方が多いように感じます。逆に成功例が無いのは、毎月依頼されない方や、ステップアップを検討されていない方です。

真剣に成功を目指される方は、まず毎月予約を入れて頂くことからかなと思います。それでも時間が掛かるようなら、ステップアップです。

出来る限りのサポートをさせて頂きます。一緒に前に進みましょう!

2019年5月18日 06:29        

連続提供

今週は日を空けて、1週間でお一人の方に4回提供させて頂きました。その間、スケジュール重複もありませんでした。だいぶスケジュールに余裕が出てきましたね。これぐらい、お一人お一人に余裕をもって対応できる日が続けば良いなと思います。どんどんと多くの方に卒業して頂きたいものです。

土日も様々な予定をこなしつつ、急なご依頼への備えを怠らないようにします。

2019年5月16日 22:27        

体調変化

最近、依頼者さんに体調や生理周期の乱れが相次いでいます。その中でも体調が比較的安定しているのは、年齢がお若い方の方が多いように感じます。

お子さんを迎え入れられる体制やお気持ちが整うのは大人になってからの方が多いですが、体調の安定を考えると一日でも早く動き始められた方が有利になりますね。

幸せなご家庭が一つでも多く生まれますように!

2019年5月13日 08:51        

やり切る

依頼者さんから、夜と翌朝の提供依頼を頂くことがあります。今週もまさにそうなのですが、きちんと禁欲期間の短さをご説明した上で、それでも連続提供を希望されるか確認するようにしています。

私も相談に乗ったりアドバイスをしたりはしますが、最終的には出来る限り、依頼者さんのご希望通りにご提供したいですね。全ての方に、後悔のない妊活を送って頂きたいなと思っています。

2019年5月11日 08:46        

良い流れ

先日のハッピーな正常妊娠のご連絡の余韻が残る現在ですが、ここのところ非常にスムーズにご提供出来ています。連続の提供依頼を頂いても、他の方とのスケジュール重複の可能性がほぼゼロになってきています。

また面談した方で「数ヶ月後からお願いします」と言われていた方の枠を確保していたりもしていたのですが、ご都合が変わって依頼が無くなったりという状況です。今まで継続されていた方に、より集中的に配慮出来るようになっています。

追加のご依頼も充分に受けられるような状態ですが、既存依頼者の方のご迷惑にならないよう、最大限の配慮をしていきたいと思います。

2019年5月8日 07:38        

正常妊娠のご連絡を頂きました

依頼者さんより、病院で正常妊娠を確認できたというご連絡を頂きました。おめでとうございます!3周期、3ヶ月でのご成功でした。私もとてもうれしく思っています。久しぶりに幸せのご連絡を頂けて良かったです。この幸せがバトンのように、次の方に渡っていくと良いなと思います。

出産までの道のりはまだまだありますが、赤ちゃんもお母さん(=依頼者さん)やそのご家族と共に頑張って欲しいです。応援しています!

2019年5月6日 19:28        

日常

ゴールデンウィーク中は比較的自分の時間が持てたので、少し高頻度?に日記を書いた気がします。普段の喧騒から離れるのも必要ですね。

また明日からいつもの日常が戻ってきます。お休みの気持ちを切り替えて、前進しましょう!

2019年5月5日 01:58        

優しさ

少し前に、スリランカでテロがあったり、バスや乗用車が暴走したり、身の危険を感じるニュースがありました。私も被害者の方を心配しましたが、依頼者さんから優しいお声掛けを頂きました。依頼メールの中でこれらのニュースに触れられ、「ひかりさんも、是非お気をつけくださいね」と言葉をかけて下さったんです。

私はスリランカには行ってませんし、車の事故に巻き込まれた訳でもありません。でもそうやって気遣ってくださる方がいらっしゃる事が本当に幸せだなと思いました。ありがとうございます。

GW中は色々普段とは違う点があると思いますし、皆さんも十分お気をつけくださいね。

2019年5月3日 08:27        

アート

本格的な休暇初日は美術館と庭園、映画鑑賞を詰め込んだ盛りだくさんの1日となりました。私はアートには疎いのですが、大人の教養として今年から取り入れて行くと決めた事の一つです。

美術館の解説やパンフレットを見ると、少しずつ絵が持つストーリーを楽しめるようになってきました。

私は印象派の絵画が好きなようです。明るい気持ちになれる良いスタイルですね。

2日目以降も旅行に勉強会に…と予定が詰まっています。適宜休息を挟みつつ、心の洗濯に努めたいですね。

2019年5月2日 07:23        

休暇に入ります

ゴールデンウィーク前半のご提供は2件でした。いつもの事ですが、皆さん予定はズレズレでした。

「スケジュールのズレ=女性の排卵日のズレ」という大自然の力の前では、私に出来る事は何もありません。ただただ、依頼された直近1〜2日のスケジュールを確保して、ご提供するのみです。1週間以上先の予定は必ず全部書き換わってしまう。と思うぐらいの方が良いですね。

なお今からゴールデンウィーク後半になり、私も基本は休暇になります。が、休暇の中でも、一瞬スケジュールを空けられたのでそこでご提供にも応じるつもりです。

これからも依頼日の予定が空けられるよう、極力調整させて頂きます。

2019年4月30日 07:12        

ゴールデンウィーク中のご提供に対応しました。「お医者さんは、排卵がもう少し先だと言う。でも個人でチェックしたら反応がある。チャンスを逃したくないので念のために…」とのご依頼でした。

お気持ち、よく分かります。チャンスは月に一度ですからね。スケジュールの空きがある限り、そのようなご要望にも極力対応します。

一日でも早く、結果に繋がりますように!

P.S. ご依頼には「他の方の予定と被っていなければ」のような一言も入っていました。依頼者さん同士で他の方の心配までされて、本当に素敵な優しさだなと思います。

2019年4月27日 08:34        

GW

とても長いGWが始まりますね!いいお休みを過ごしてくださいね。

今年のGWは10連休です。私の方は前半が提供可能で、後半は少しお休みを頂こうと思っています。依頼者さんも、今まで通りの依頼になる方と、お休みを取られる方がいらっしゃいます。どちらの方も素敵なGWにして頂きたいですね。

そういう意味ではGW中はご依頼が少ないので、私も地域のサークル活動や有志の勉強会に積極的に参加して社会と繋がっていきたいと思います。

皆様の元に、幸せが届きますように。

2019年4月22日 09:56        

変更(2)

今月は「排卵日を慎重に見極めていたら、もう排卵してしまっていた」という方が多いです。理由はよく分かりませんが…この点については以前の投稿でも言及していましたが、その後もさらに1名の方で同じことがありました。

しかし一方で、その空いた日程に別のご依頼が滑り込むという事もありました。ある方のチャンスが別の方への希望へと繋がった形です。繋がったチャンスが夢の実現に変わるよう、願っています。

またこの時期に、男性から精子提供に参加させて欲しい旨のお話を頂き、お断りするということがありました。

そもそもそういう依頼はお断りしていますが、他の方からメールを頂くことで自分を見つめ直す良い機会になりました。「こういう発想で提供を希望する人もいるんだな」と、自分との違いが分かったからです。

私の提供上のポリシーは以下の通りですが、頂いたメールではそれが全部異なっていると感じました。

  • 提供する上で一番必要な心構えが献身であること…第一にあるべき気持ちは献身です。「赤ちゃんを産みたい、育てたいと考えている方(依頼者さん)の願いを叶えるお手伝いがしたい」が一番であるべき。私はそう考えています。今回頂いたメールはそれが一番ではなかったですし、二番目以降にもそのようなお気持ちが読み取れませんでした。
  • 依頼者さんと提供者の信頼関係が不可欠であること…やはり信頼関係が大事だと考えています。未熟者な私が一番苦労するところで、それでも私を信じて下さる依頼者さんには感謝の気持ちしかないところです。依頼者さんは誰に依頼するか皆さん真剣に検討されます。その中で、いきなり「誰でもいいや」とはなり得ません。病院で提供される精子(=病院が信頼の源泉になっている)ならまだ理解できますが、私の活動はあくまでも個人の活動です。普通に考えれば信頼など、あったものではありません。それでも私を信頼して下さる方がいらっしゃるのは、ブログ/各種検査結果/面談などを経た総合的なご評価だと考えています。私の活動の信頼は、私自身に寄せられているものに他ならず、他の方にお譲りできないものです。
  • 時間も手間も割いて、依頼者さんのために時間を使う姿勢があること…言わずもがなですが、依頼者さんの体調は変わります。提供者側は、それに即座に対応できるような準備は必要です。ある程度、「日曜だけはどうしてもNG」等はあるかも知れませんが、それでも平均的に週に5~6日は予定を確保し続けるぐらいの気持ちが必要です。今回頂いたメールは「土日ならOK」という内容でした。それでは全然ダメですね。

まとめるととにかく「相手のお気持ちを考えましょう」ということに尽きますね。上記のような考慮をした提供者であれば、自分の考えを述べる場が必要になってくるはずです。その結果、ブログのような場所を構えないと色々成り立たなくなると思います。

裏を返せば、ブログを設けている方にはそういう思いや考えがある可能性が高いと言えると思います。またブログを読む事である程度、提供者の人となりが見えてくるのではないかと考えます。当然ながら「ブログ等があればその人は安心!」という事もありません。ブログ等の自分専用の場がある事は提供者としての最低ラインだと思います。

これから提供を依頼される方の、参考になればと思います。