2019年7月22日 09:15        

追い込みWeek

今月から、2週に1度、週末に追い込みのワークが入ることになりました。今までも常に動き回る性格でしたが、これからもどんどん動いていきます。もちろん、隙間時間を全部使って提供に邁進していきます。

スケジュール調整にご協力いただける依頼者の皆様、いつもありがとうございます。ご迷惑をお掛けしますが、今後ともよろしくお願いします。

2019年7月19日 08:40        

偏り

精子提供活動は、女性の体調やバイオリズムに合わせて行われます。当然私は女性のバイオリズムに合わせて行動するしかないのですが、皆さんの周期が少しずつズレており、何か月かに一度は皆さんの提供日がどんどん重なることがあります。

先日までは重なりがほぼゼロだったのですが、今月はちょっとずつ重複の片鱗が見えてきました。月の前半は依頼が非常に少なかったのですが、後半は依頼だらけです。偶然ではあるものの、皆さんカレンダーに綺麗にタイルを敷き詰めるかのように、隣り合わせの予定で依頼されています。

今月も皆さんの希望通りにご提供でき、幸せの成果へとつながると良いなと思っています。一人でも多くの方に、幸せが届きますように。

2019年7月16日 09:12        

提供・依頼の関係性

ここ数カ月を振り返ってみると、私は依頼者さんに恵まれているなぁと思います。皆さん常に私のワガママにご協力頂いていますし、依頼者さん同士への配慮も凄いものがあります。「私が連続提供を依頼することで、他の方に迷惑をかけていないですか?」等です。本当に素晴らしい姿勢で、私も嬉しくなります。

依頼者さんは何も遠慮せず、リクエストをどんどんぶつけてください。私の方で最大限の調整をして、なるべくリクエストにお応えできるようにします。大抵は、連続提供も問題ない状況です。

心身ともに健康になり、また依頼者さんから心の健康をおすそ分け頂き、一歩ずつ共に歩んでいきたいと思います。

2019年7月13日 09:43        

厳しい決断

ここ最近、何故か私の身の回りと依頼者さんの身の回りでお怪我やご病気が相次いでいます。風邪に始まり、骨折、はたまたそれ以上の大病など、状況は様々です。これにより日常生活やお仕事に制限が出てしまう方や、妊活を一時的に休止される方が出てきています。中にはご家族のサポートのため、妊活の停止を決断された方もいらっしゃいました。とてもお辛い状況です。

お気持ちを察すると、私も身を割かれるようで心を痛めています。一日も早く、回復頂けることを祈っています。

2019年7月9日 12:33        

出来る事

依頼者さんはいつも真剣に妊活に望まれています。私も真剣ではありますが、依頼者さんに直接役立つ場面は限られています。そんな私に出来る事は何でしょうか。

当然ながら、メールのやり取り、情報提供、面談、提供といった基本的な事が挙げられますね。ではそれ以外には?

願う、祈る。また私自身が魅力的な人材になる。という事かなと考えています。直前の投稿に、そのことを書かせて頂きました。

お子さんがどんな大人に成長するかは、依頼者さんの教育にかかっています。遺伝的な要素はほんの少しです。ですが、そんな少しの遺伝の部分は私にも責任があります。

「ひかりから提供を受ければ、優しい子に育ってくれそうだな」「勉強熱心な子になってくれそうだ」そう思って頂きたいです。そう思って日々自己研鑽しています。

依頼者さんに負けない、素敵な大人を目指します!

2019年7月5日 00:16        

資格

かなりタイミングをずらしての投稿になりますが、以下のURLに挙げられている「国家資格」の一つを取りました。人に言える程度の資格が取得できて嬉しく思います。
http://www.shikakude.com/paje/nanido5.html

資格は取っただけではあまり意味がありません。世間にアウトプットして誰かの役に立つことで、初めて意味が出てきます。積極的にアウトプットに繋げていきたいなと思います。

また上記以外にも、目に見えるものから目に見えないものまで、自己研鑽に努めていきます。そしてできれば、生まれてくるお子さんにも、そのような努力の資質が備わって欲しい。そう願いながら、学びの姿勢を崩さずに生活しています。

人生100年時代です。皆80歳まで労働することを求められ、年金も当てにできない時代になっています。それは私達に当てはまることではありますが、これから生まれてくる子供たちにとってはもっと大きな問題です。

そういう時代になると、学生の頃や20代で学んだ知識はすぐに陳腐化します。「あの人、いつも平成の話してるよな。いつの時代の話だよ。まだまだ60歳で現役バリバリに働いてもらわないといけないのに、中身は生きた化石じゃないか」と言われてしまってはダメなのです。自分の子や孫の世代からも常に学び続け、総合的に考える姿勢が必要です。

精子提供と直接関係する話ではないのですが、私の思いを書かせて頂きました。

2019年7月2日 00:01        

6/29(土)面談

※本ブログ投稿について、依頼者の方の同意を頂いています

選択的シングルマザー希望の依頼者さんと面談しました。今回もとても丁寧な方で、非常に好感を持ちました。(依頼者さんも私のことをそう評価して頂いていることを願います!)

今回の依頼者さんは、既に身近な男性に精子提供に関する相談をされたご経験をお持ちでした。珍しいパターンですね。非常に勇気もある方だなと思います。しかしそこではお叱りを頂いたそうです。精子提供なんてとんでもない!ということで。しかしどうしても諦めきれず、今回依頼されたとのことでした。更に、年齢や今後のライフスタイルのことも考慮し、諸々の知識も独学で吸収されたうえで是非、胚凍結に臨みたいと…

今までの依頼者さんも色々と勉強されている方が多いですが、それでも「すごいなぁ」と思いました。また既に病院も受診されており、病院とも胚凍結の話をつけてあるとのこと。シングル女性で対応してもらえる病院や方法は限られているので、本当か!?と思い色々お話をお聞きしました。が、お話を聞いているとその辺りも独自に調べられていて、完璧な対応となっていました。

一方で、私は基本的には最初からの人工授精や体外受精はお断りしており、シリンジ法でお願いしています。どうしても、女性側の金銭的な負担や、お互いのスケジュール調整の重要度が違ってくるからです。体外受精には多大な費用と時間、女性へのプレッシャーが掛かります。その中で提供者としても「今月は出張になっちゃいました、ごめんなさい」という訳にはいかないのです。依頼者さんは何十万円も掛けて、自己注射も打ち、何度も病院に通われます。それを無には出来ません。

しかしここまで覚悟を決められた女性であれば、私もお受けする他ありません。「私の仕事の都合等で提供できない日が出てる可能性も覚悟してくださいね!?お金や時間を無駄にする可能性もゼロではありませんよ!?」など念押しし、ご同意いただいた上で今後ご提供することになりました。念押しはしましたが、それはあくまでも最悪のケース。当然ながら、私もこれから最善の努力をしていきます。

まずはスケジュールがしっかりと合いますように。そして素晴らしい結果に結びつきますように。今から祈っています。

2019年6月29日 17:17        

ゴールと理念

私の活動の最終ゴール。これは理念のようなものですが、ここに改めて記載します。

私の活動理念は、「お子さんとの生活を望まれる女性の元へ、お子さんと過ごす輝く未来をお届けする」です。そのために私が関われる範囲は精子提供部分のみですが、少しでも成功確率を上げたり、依頼者さんの希望に沿ったご提供が出来るよう、努めていきたいと思います。

改めて、この度はおめでとうございました。

2019年6月25日 19:29        

多数のお問い合わせ

ここ何日か、立て続けにお問い合わせを頂いています。いずれも、お受けできなかったのですが。

新幹線が必要なレベルの遠方だったり、対応をご希望頂いた時間帯が真昼間のみで私の仕事のスケジュールと合わなかったりという事情です。

お問い合わせには波がありますね。依頼が急に来たり、全く来なかったりします。いずれにせよ、幸せを掴まれる方が増えるのが私の願いです。そのお力添えをするのが私であれば嬉しいですし、その方が幸せなのであれば、別の提供者から提供を受けても構わないと思います。

私に依頼して下さる方には、私に出来る最大限の事を。私が対応出来ない方には、幸せが届くように祈りを。そういう日々です。

2019年6月21日 01:35        

妊娠のご連絡を頂きました

依頼者さんより、表題のご報告を頂きました。おめでとうございます!1周期、1回でのご成功でした。妊娠確認はまだセフルチェックされているだけとのことで、病院判定や今後の妊婦生活はそこれからの道のりですが、まずは素晴らしいご報告、とてもうれしく思っています。

また最もハードコンディションと言われているシリンジ法で1回の成功となった事も嬉しく思っています。依頼者さんにはこれからご自愛頂きたいです。

2019年6月17日 17:22        

伝えること

「ひかりさんは、子供が大きくなっても会いに来られますか?」とのご質問を頂きました。これについては、Noとお答えしています。お子さんが小さいうちの面会は喜んでお伺いしますが、物心がついてからの面会はお子さんに与える影響が戦災で難しいことが挙げられます。その代わり、依頼者さんとは今後も連絡が取れるようにすることをお約束します。私は当初より、この方針としています。もちろん、「会いに来ないでください」のご要望にもお応えしています。

この点がブログで伝わりづらかったようですので。Q&Aなどを更新しました。

2019年6月14日 21:02        

祈り

数日間、東京に出張に行っていました。たまたま依頼者さんの依頼とは重ならなくて胸を撫で下ろしていましたが、せっかくなので子授かりのご利益がある神社に参ってきました。

そこは都内でも1,2番目に有名な神社。私も出来る限り丁寧にお参りして、「私の依頼者さんと、世の中全てのママ候補さんに赤ちゃんが来てくれますように」とお祈りしてきました。

またせっかくなのでお守りもいくつか購入しようとしたのですが、素晴らしい神社過ぎてお守りが買えませんでした。全てのお守りが本名での祈祷付きになっており、依頼者さんの本名を書かなければお守りが購入できなかったからです。さすがに依頼者さんの本名を書くわけにはいかないと思いましたし、そもそも一部の方は仮名のままお受けしています。この辺りは一般的な妊活と私の違いだなぁと思い知りました。

そのような経緯のためお守り購入は泣く泣く断念したものの、参拝とお祈りは念入りにして来ています。パワーが依頼者さんのお腹に宿れば良いなと思います。

出張から戻った土曜の朝からまたご提供です。しっかりと前を向いた気持ちで取り組んでいきます。

2019年6月11日 16:48        

限られた時間でのご提供

通勤経路からプラス2時間ぐらい掛かる場所にご提供に向かいました。

時間の関係で、提供に割けるのはごく僅か。電車が待ち合わせ駅に到着したら、15分後ぐらいの電車にはもう乗っていないといけません。

駅に到着したら素早く準備して、待ち合わせ場所までシリンジとケースをお持ちして、またすぐ電車に。

大変さはありましたが、夢を叶えて頂くためです。これでうまくいきますように。

2019年6月3日 10:09        

結婚観

本日の日経新聞社説の後半部分が良かったので、引用します。特に私からはコメントしませんが、このブログを見てくださっている方にはご理解頂けるはずです。

若者の結婚観も多様化が進んでいる。民間の調査によると、ことし成人を迎えた人のうち25歳までに結婚したい男女は47%と、昨年より約10ポイント上昇した。晩婚によって2人目、3人目の出産が難しくなると心配する人が増えている。大学内に保育所を増やし、学生結婚しやすくするのも一案だ。
より根本的には、結婚するしないにかかわらず出産と育児に不安を感じない環境をつくるのが課題だ。厚労白書などによると日本の婚外子比率は2%。英国43%、フランス49%、スウェーデン55%に比べ桁違いに低い。この3カ国は子育て環境が恵まれていることもあり、出生率が日本より高い。
婚外子の相続差別は解消した。次は、子供は結婚した夫婦が持つものという規範意識を薄め、子育てを楽しみにしている男女が臆することなく同居できるようにしたい。結婚の試用期間と呼べる制度を整えたフランスなどにヒントがある。夫婦別姓を公式に認めるのも、確実にその一助になる。
同時に、子供を望んでもかなえられない人への配慮が欠かせないのは言うまでもない。産む産まないは個々人の自由な選択であることを再確認しておきたい。

[社説]多様な結婚の後押しで子供増やしやすく:日本経済新聞
2019年6月1日 08:44        

おめでとうございます

卒業された依頼者さんより、嬉しいご連絡を頂きました。ご本人の許可を頂きましたので、ここに紹介させていただきます。

今回、ご報告がありご連絡しました。
この度、無事待望の第一子が誕生しました!体は少し小さめなのですが、それに負けないくらい元気いっぱいに生まれてきてくれました。夫も立会いをしてくれて2人でお産に臨むことができ、周りの家族や友達にもたくさん祝福の言葉をかけてもらい、幸せいっぱいの中、生まれてきてくれました。
これまで家族が欲しくてたくさん悩んだり、不安になったりしましたが、ひかりさんに出会えたことで着実に夢に向かって進むことができました。私たちの夢を叶えてくださり、本当にありがとうございます。いくら感謝を伝えても足りないくらいです。
この子にはこれから苦労させてしまうこと、悩ませてしまうこと、もしかしたらたくさんあるかもしれませんが、家族みんなで助け合っていこうと思います!
本当にありがとうございました。

本当に良かったです。おめでとうございます!卒業された方には、どのような頻度/どのようなタイミングでご連絡すれば分からず、私も連絡頻度を意図的に下げていたのですが、いつも気にしていました。

同じような幸せな声が一つでも増えるよう、これからも実直に活動していきたいと思います。

2019年5月26日 11:37        

5/25(土)面談

※本ブログ投稿について、依頼者の方の同意を頂いています

男性不妊の依頼者さんと面談しました。面談の形ではあるものの、具体的な提供依頼ではなく諸々のご相談という形に近いものでした。

色々とお悩みではあるものの、解決に向けて動き出すのが難しい状況であること。諸々お困りであること。提供を受けるとはどういうイメージなのかということ。年齢のこと。他の依頼者さんの取り組み事例のこと。色々お話させていただきました。

「まずは自分がどうしたいか、どういう方法を取るのが(依頼者さんカップルとして)ベストなのか、議論してみます」ということでした。良い結論を出していただければなと思っています。

2019年5月23日 08:34        

振り返り

今まで成功された方を振り返ると、比較的少ない回数のご提供でおもしろいようにポンポンと成功している方が多いように感じます。逆に成功例が無いのは、毎月依頼されない方や、ステップアップを検討されていない方です。

真剣に成功を目指される方は、まず毎月予約を入れて頂くことからかなと思います。それでも時間が掛かるようなら、ステップアップです。

出来る限りのサポートをさせて頂きます。一緒に前に進みましょう!

2019年5月18日 06:29        

連続提供

今週は日を空けて、1週間でお一人の方に4回提供させて頂きました。その間、スケジュール重複もありませんでした。だいぶスケジュールに余裕が出てきましたね。これぐらい、お一人お一人に余裕をもって対応できる日が続けば良いなと思います。どんどんと多くの方に卒業して頂きたいものです。

土日も様々な予定をこなしつつ、急なご依頼への備えを怠らないようにします。

2019年5月16日 22:27        

体調変化

最近、依頼者さんに体調や生理周期の乱れが相次いでいます。その中でも体調が比較的安定しているのは、年齢がお若い方の方が多いように感じます。

お子さんを迎え入れられる体制やお気持ちが整うのは大人になってからの方が多いですが、体調の安定を考えると一日でも早く動き始められた方が有利になりますね。

幸せなご家庭が一つでも多く生まれますように!

2019年5月13日 08:51        

やり切る

依頼者さんから、夜と翌朝の提供依頼を頂くことがあります。今週もまさにそうなのですが、きちんと禁欲期間の短さをご説明した上で、それでも連続提供を希望されるか確認するようにしています。

私も相談に乗ったりアドバイスをしたりはしますが、最終的には出来る限り、依頼者さんのご希望通りにご提供したいですね。全ての方に、後悔のない妊活を送って頂きたいなと思っています。