2018年3月31日 10:36        

禁欲期間の問題

既に面談を終えられた依頼者の方は「明日が排卵日だから」「明後日が排卵日だから」ということで私にご連絡いただくことと思います。ここで難しい問題があります。禁欲期間の問題です。

依頼者さんにちゃんとしたボリュームで精子提供を行おうとすると、例えば3~4日ぐらい禁欲してからご提供するのがベストでしょう。また、精子の元気さを保つためには、事前に放出する作業もすると良いと言われています。最適な状態でご提供するには、「提供の4日前に放出しておく」ぐらいが最良でしょう。

しかし、皆さんご連絡を頂くのは恐らく依頼日の直前になると思います。ここで問題になるのは「予定より早かったです!」や、「予定より遅かったです!」となる場合です。計算が狂ってしまう可能性がありますね。

自然が相手なものだけに、難しいところです。やはりちょっと長めに禁欲期間を設けておくほうが安全なのかも知れないですね。

もし周期の変動がほとんどない依頼者様であれば、精度の高い日程を通知頂けると非常に助かります!また現在依頼されていない方でも、(私に限らず)今後どなたかに依頼予定がある方は、ご自身の排卵周期を何ヶ月か測定されることをお勧めします。そうすれば、依頼者・提供者ともに計画が立てやすくなるでしょうね。是非ご検討ください。

禁欲期間の問題」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 「精子提供ボランティア まこと」と私ひかりは無関係です | 精子提供 ボランティア ひかり

コメントは停止中です。