2018年5月8日 09:54        

5/8(火) 朝 面談

※本ブログ投稿について、依頼者の方の同意は得ています
5/8(火)は、朝と夜に面談を行いました。本投稿では、そのうちの朝の面談について記載します。

面談頂いた方は、選択的シングルマザー(SMC)の方でした。非常に爽やかで優しい感じの方で、朝から有意義な時間を過ごすことができました。お相手女性のご要望で朝の時間帯で対応しましたが、私は朝からの時間帯でも対応が可能だと認識できました。提供時間帯を心配されている方は参考になさってください。

さて今回は、面談頂いた女性から簡単に事情を書いても良いと許可を頂いていますので、少し事情を書かせて頂きますね。

お相手の女性は、実は既にお子さんがいらっしゃる方で、一度結婚を経験されている方でした。しかし今は離婚されていて、今いるお子さんのためにご兄弟をお考えということでした。

私としては、既にお子さんがいらっしゃる方との面談が初めてでした。また離婚後の方からのご相談も初めてでした。何から何まで初めてでしたので、良い経験になりました。こういうパターンもあるんですね。

なお面談の中で、私の方から女性にご質問した事があります。「身近な男性に協力を要請しようと思われなかったのですか?」というものです。これには以下のような理由から「考えなかった」と回答頂きました。

  • 協力要請したとして、相手男性から何と言われるか分からない。(特に断られた場合)
  • 今後、恋愛や結婚はしたくないと考えている。しかし身近な男性に依頼した場合、子供を授かった後に男性から恋愛や結婚などを求められるリスクが考えられる。そのため、提供だけに特化している方にお願いしたかった。

前者の意見は私の想像通りでしたが、後者の意見は全く想像しないものでした。やはり当事者のリアルなご意見は何よりも勝ります。非常に勉強になりました。

また今回の方は、私が活動を始めるきっかけになった方のような方でもあります。まさに最初に「こういう人の力になりたい」と考えた方と重なる部分があります。そういう面でも、こちらの方にも良い結果を出して頂きたいと思います。

私の活動のきっかけは以下に記載しています。ご興味がおありの方はご一読ください。

私が活動を開始したきっかけ(1)