2018年10月14日 00:26        

10/13(土)面談

※本ブログ投稿について、依頼者の方の同意を得ています

本日、面談させて頂きました。
またまた!?になるのですが…依頼者さんもお忙しい中、私の予定にスケジュールを合わせて頂きました。
しかも私の隙間時間での面談でした。そのため、面談の半分は私の移動経路を共に歩いて頂きながらになりました。
こんなことはさすがに初めてです。申し訳ないです。本当に恐縮です…

ご事情としては男性側の都合を抱えられているご夫婦でした。面談は奥様と実施させて頂きました。依頼者さんは既に病院でのAIDまで取り組まれたとのことでした。そのため病院通いのスケジュールを確保する努力や、職場の人に理解してもらう困難さ、金銭的な問題などを一通り経験されている方でした。お気持ち、よく分かります…

面談では、セルフで行う方法や病院を使う方法、それぞれ組み合わせる方法など様々な選択肢をご提示し、依頼者さんのお住まいや行動範囲から考えられる妊活方法を共に考えさせて頂きました。依頼者さんは少し遠方の方でしたので、ご近所の場合よりはより詳細に打ち合わせをしたように思います。

面談途中、依頼者さんからお褒めの言葉を頂きました。「道が開けたようで感動しました。泣いてしまいそうです」との事でした。お辛い状況が少しでも改善できるのであれば、私も嬉しく思います。妊活の辛さは私なりに理解をしているつもりです。妊活の相談相手になれるだけでも、随分と違うのかもしれませんね。
今後の提供をその場でご依頼いただきましたので、今後ご協力していきたいと思います。

なお面談後は「せっかく遠方から足を運んだので」ということで、大阪を観光して帰られるということでした。

面談ついでにそういう楽しみも加えてもらえると良いですね。大阪を楽しんで帰られていると良いなと思います。