2019年1月10日 00:15        

1/8(火)面談

※本ブログ投稿について、依頼者の方の同意を頂いています

新規の受け入れを大幅に制限している中、新規の方に面談を行いました。男性側に原因があるご夫婦との面談でした。なお面談前のやり取りの段階で「受け入れ許容量が超過しているためお断りする可能性が高い」旨はお伝えしての面談となりました。

今回のご夫婦も、他のご夫婦と同様にかなりのご苦労をされていました。精神的にも時間的にも金銭的にも、多くの犠牲を払って今に至っているご様子が伝わってきました。ご夫婦のご事情があり、今までの男性不妊のご夫婦の中でもより多くの犠牲を払われていたように思いました。私も共感して胸が苦しくなる場面もありました。

ただ結果的には「既にお受けしている既存の依頼者さんを優先させて頂いていますので、お二人は順番待ちになります」とお伝えすることとなりました。それでも、お二人には喜んでいただけた様子でした。可能性が少しでも見えてきたのが嬉しい。イメージ通り優しそうな人で良かった、とのことでした。

私は、「依頼をお受けできていないのに喜んで頂けても申し訳ないなぁ…」と非常に複雑な気持ちでした。一人でも多く、既存の依頼者さんのご卒業に協力したいなとの思いを強める面談となりました。