2018年9月16日 00:10        

回数を決めた取り組み

まだ提供してすぐぐらいの依頼者さんから、「あとX回をチャレンジの上限にするつもり」というお話を頂きました。しかもその回数は、私からすると超短期間の回数でした。相当驚かされました。

これは一見するとちょっと残念なお話のように思います。しかし色々と考えさせられるものです。

妊活は何回まで続くか分からない活動です。その方なりに諦めがつく回数を決意されたり、お子さんの年齢とご自身の年齢を勘案されて挑戦回数に制約を設けることも、ある意味ではプラスに働くのかも知れません。

世の中のすべての出来事は表裏一体と言います。裏から見るか表から見るかで、メリットもデメリットも逆転します。

私は常に依頼者さんの意向に沿いつつ良い相談者となりながら、共に歩んでいきたいと思います。