2018年3月2日 20:07        

シリンジ法で使用する道具について

シリンジ法とは?

このページをご覧になられている方にはもはや説明不要な可能性が高いと思いますが、シリンジ法について改めて振り返ります。シリンジ法は、細い注射器のようなものを使う方法のことであり、男性の精液を女性自身の中に導いてあげることで妊娠を目指す方法です。

シリンジ法については既に色々なサイトに説明があると思いますので詳細は触れませんが、一般的に人工授精とほぼ同等の妊娠率と考えられているようです。気になる方は以下のような素晴らしい記事をご参照ください。

参考:究極の妊活!シリンジ法(セルフシリンジ法)

ひかりが利用するシリンジ法の道具について

シリンジ法で使用する道具は主に以下の3点になると思います。

  • シリンジ本体
  • 採精容器
  • カテーテル

これらは専用のキットとしてAmazon等でも購入可能ですが、バラバラのパーツであれば東急ハンズ等で個別に購入することもできます。私はこの個別に購入可能なタイプのツールで対応させて頂きます。(もちろん、キットでの対応も可能です。ただし私の手元には余ったキットを手元には置いておく場所がありませんので、女性側で持参いただければキットで対応させて頂くこととしたいと思います)

シリンジについては、常に新品の滅菌済みシリンジを利用します。使用直前まで滅菌済みで未開封ですから、非常にクリーンです。ただし、女性の方から「これを使いたい」というものがあれば、もちろんそちらで対応します。

次に採精容器ですが、これは小さなプラスチック製の容器を利用します。この容器は事前に当日朝に洗浄・消毒し、十分に乾燥させた後に蓋をしてお持ちます。こうすることで、採精容器は採精直前までクリーンな状態をキープ可能です。滅菌済みの容器があればベストかも知れませんが、滅菌済みの容器は医療関係者でなければ入手困難なため、このような対応とさせていただきます。また容器についても、女性の方から「これを使いたい」というものがあれば、もちろんそちらで対応します。

ひかりでは、上記の方法で対応させて頂きたいと思います。